合格実績

西藤吉宏さん

北海道大学医学部

先生方やみんなの支えがあったおかげで、
ここまでやって来られました

一年間の中で大変だったことは?

毎週ある単科模試の解き直しが夜遅くまでになって体力的にキツかったこと(笑)。
すぐに採点、返却されるので、その日のうちにやり直し、自分のできていなかった問題を確認していました。かなり大変でしたが、仲間とも教え合うことで充実した時間を過ごせました。

これが成績向上の原動力になっていたんだと思います。

大変だったという単科模試について、もう少し教えて下さい

予習して授業に臨み、教わった内容について土曜日の単科模試に向けて理解を深めるという一週間のサイクルが自然にでき、勉強への強いモチベーションともなりました。
模試の後も必ず解き直しをすることで、知識を確実に定着させることができました。
また、仲間と一緒に解法を確認し合うことで、絆を深められたのも良かったです。

先生たちが常に待機していてくれて、どうしてもわからないところはすぐに質問にいって解決していました。

合格した時の率直な気持ちは?

正直信じられなかった(笑)。けど、段々実感が湧いてきました。

正月合宿で、生徒を代表し絶対合格するぞと決意発表する西藤さん

ズバリ!合格の秘訣は?

次の授業の予習に専念。次のテストの準備に専念。これらをひたすら繰り返す。
私の場合はそうでした。カリキュラムがしっかりしているので、それに合わせてとことんやり切りました。

東京医進学院を選んだ理由と良かった点を教えて下さい!

幾つかの予備校を回った時に、一番、厚遇してくれたから。
僕は工学部に在籍していて医療支援の器具を作るための勉強をしていました。
その中で、実際に自分が医師となって、更に社会に貢献したいと思うようになり、医学部を目指そうと決心しました。
そういう自分の気持ちをちゃんと聞いてくれ、こうやっていけば絶対受かるよと道筋をちゃんと示してくれたので、東医進に決めました。
良かったのは、アットホームな雰囲気のおかげで、周りの生徒と交流を深めることができたことです。
自然と仲間意識を持って勉強を教え合ったり、気分転換の話をしたりすることができました。

そういったやりとりを通して、自然と成績を伸ばすことができたと思います。

合宿に参加された感想は?

7泊8日があっという間でした。
普段接することのない他校の生徒ともテストで競い、ライバル意識を持つことで、より高い目標を目指すことができました。
実際に冬期合宿の最後のテストで全校一位をとり、本番に向けて勢いづきました。

合宿の最後に代表者として皆の前で「第一志望に絶対受かる!」と宣言しましたが、その通りになって大変嬉しく思います。

念願の合格報告

どんな大学生活を送りたいですか?

周りの仲間達と共に、自分の能力と人間性を高めていきたいです。

どんな医療人になりたいですか?

患者さんの心に寄り添うことができ、技術や知識もトップレベルの医師を目指します。

思い出に残っている事など、ご自由にどうぞ

一年を通して色んな先生や生徒の方に励まされてきました。

そういう支えがあったおかげで、ここまでやって来られたのだと思います。先生方、仲間達、みんなに感謝しています。