合格実績

臼井大貴さん

順天堂大学医学部

一緒に努力できる環境があった
ここでなら頑張れると思った

一年間の中で大変だったことは?

受かるかどうかわからない不安な気持ちを抱えたまま、勉強をし続けなければならなかったこと。

合格した時の率直な気持ちは?

何が起きたのかよくわからなかった(笑)。頭の中が真っ白になりました。

報告に行ったら、一緒に勉強してきた仲間や先生方が、本気で喜んでくれて、自分でも少しずつ実感が湧いてきました。

東京医進学院を選んだ理由は?

初めて体験した時の先生方の印象がよく、ここでなら頑張れると思ったからです。
海外の高校を卒業したので、スタートする時期が少しずれてしまいましたが、そんな不安を解消してくれる先生方ばかりでした。

先生だけでなく、生徒もみんなすぐに打ち解けてくれて、すんなり勉強に専念できました。

単科模試で良い成績を取り、表彰される臼井さん

東京医進学院の良かった点とオススメポイントを教えて下さい!

生徒同士の仲がほんとうによく、一緒に努力できる環境があったところや、先生達も常に励まして下さって、心折れることなく集中して勉強してこられました。先生方はいつも校舎にいてくれるので、質問にはすぐに対応してくれたし、 校舎が閉まってからも仲間同士何人かで近くのカフェで勉強し合ったことは、今振り返るとすごく為になったと思います。

正月合宿も毎日テストを受けることで、テストに慣れることができたし、良い順位をとると自信がつき、いい勢いのまま入試に向かうことができたと思います。
一次が出た後は、大学別の傾向に合わせた面接練習も繰り返しやってもらったので、自信を持って臨むことができました。
ある大学の面接で、面接官の方に「面接結果は全く問題ない。うちに来てもらいたい。一次の点数がどれくらいかだけだね。」と言ってもらいました。
どうして医師になりたいのかということや、自分の経験や長所・短所とか、何度も練習して整理できていたので、緊張はしましたけど、ちゃんと自分の考えを話せたと思います。

合格祝賀会で挨拶する臼井さん

どんな医療人になりたいですか?

自分を見て医師を志す人が出てくるような、何かを変えられる医師を目指したいです。

留年はしないように、でも学生生活は満喫したいです(笑)。

思い出に残っている事など、ご自由にどうぞ

正月合宿中の入試想定模試で全校一位をとれたことは、本当に嬉しくて、受験直前の不安な気持ちがなくなり、自分でも通用できるという確信を得られました。