合格実績

高杉太郎さん

杏林大学医学部

あんなに勉強するのは家では無理です!

正月合宿、大みそかの年越しそば

一年間の中で大変だったことは?

浪人は現役の時と違って自由に使える時間が多いので、その中で苦手科目を勉強したり息抜きをしたりといった自己管理が大変でした。

合格した時の率直な気持ちは?

嬉しいという気持ちは勿論ですが、これで来年もまたやらなくて済むという安堵感の方が正直大きかったです(笑)。

ズバリ!合格の秘訣は?

難しい問題をたくさんやるよりも、授業で習ったことや典型問題をしっかりできるようにすることが合格の秘訣だと思います。

合格報告、学院長と硬い握手

東京医進学院を選んだ理由は?

11月の東医進の模試を受けたのがきっかけです。模試の後の質問コーナーで合宿の存在を知り、参加しようと思いました。

東京医進学院を選んだ理由は?

私は大手予備校に所属していたのですが、そこは国立対策がメインでした。
そのため、私立医大の対策はあまりできておらず、少し焦りを感じていたので年末年始の合宿に参加しようと思いました。

合宿では毎日午前中テスト、午後解説の流れで私立の連続受験に向けての練習ができたと思います。
また毎回順位が掲示されるので、モチベーションアップにつながりました。
そして何より一番良かったことは分からないことはすぐに質問に行って解決できるということです。
それは大手予備校ではありえない東京医進学院ならではの強みだと感じました。
朝の8時からテストが始まり、夜は23時まで・・・あんなに勉強するのは家ではムリです!

どんな大学生活を送りたいですか?

まずはしっかり勉強して必要な知識を身につけたいと思います。そして剣道部に入って剣道に打ち込みたいです。

どんな医療人になりたいですか?

患者さんの気持ちを理解してあげられるような医者になりたいです。

思い出に残っている事など、ご自由にどうぞ

東医進の先生方、スタッフの方には本当にお世話になりました。
醍醐先生、福田先生の気遣い、東医進のみんなのおかげで楽しく合宿を乗り切ることができました。

特に醍醐先生の面接練習は本当に為になりました。ありがとうございました。