合格実績

小池祥平さん

奈良県立医科大学医学部

今年の自分は今までの自分とは違うということを実感できました。

合格祝賀会でスピーチをする小池さん

合格したときの率直な気持ちは?

僕は国公立大の医学部も志望していたので、私立の受験も後半になってみんな受験が終わっていく中、国立まで勉強を続けたことが精神的にかなり大変でしたが、合格してみて、今年の自分は今までの自分とは違うということを改めて実感できました。

ズバリ!合格の秘訣は?

合格が決まるまで絶対に気を抜かないこと。止まったらだめです。

どんな大学生活を送りたいですか?

成績はトップオブトップに居続ける。それでいて人脈の王になる(笑)。部活する。東京医進学院のチューターをする・・・あ、でも奈良に行くからちょっと無理か(笑)。

どんな医療人になりたいですか?

笑顔を大切にできる医師になりたいです。

菅学院長と一緒に

東京医進学院はどうでしたか?

自分の志望を話した時に、しっかりと聞いてくれ、応援してくれていると感じたので東京医進学院で1年頑張ろうと決めました。東医進にして本当に良かったです。
講習や授業はただ一方的な授業ではなくて、ちゃんと演習の時間をとってくれるので、常に自分で考えて確認しながら演習を続けることができ、定着の助けになりました。合宿でも、他校の人と交流ができて、新たな仲間と競えて更なるレベルアップにつながったと思います。

講師は誰もが個性にあふれていて、授業も非常に楽しかったです。スタッフの方もみんなよく相談に乗ってくれたり、励ましてくたり・・・居心地が良かったですよ。みんな、すごく優しくて・・・そうそう、お菓子もくれました(笑)。

一緒に学んだ生徒たちはどうでしたか?

市ヶ谷のみんなは自分ことを信頼してくれて、最高の仲間でした。他校の人の中にも仲良くなれた人もいたし、自分よりできる人もいて、彼らの存在なしにはここまでやってこられなかったと思います。

思い出に残っていることは?

夏合宿の時、決意を発表する場面で、全員の前で話したこと。あの時、自分の中で何かが変わった気がします(笑)。今、思い出すと・・・場違いな話ですみませんでした(笑)!

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 先生がフレンドリーかつ分かりやすい。
  • 楽しくアットホームに過ごせ、やる時はしっかり勉強できる。