合格実績

神田茜さん

聖マリアンナ医科大学医学部

最後の最後まで勉強をやり続けることができる人に
合格はやってきます。

合格したときの率直な気持ちは?

凄く嬉しかったです。手ごたえがあまりなかったので、びっくりした気持ちもありました(笑)。頑張ってきたこの1年が認められた気がして本当に嬉しかったです。

一年間の中で大変だったことは?

成績がなかなか伸びない時にも勉強をやり続けなければならなかったことです(笑)。勉強したのに良い点数がとれなかった時とかは凄くヘコんで勉強をしたくない気持ちになりましたが、友達やスタッフのみなさんがなぐさめてくれたり笑わせてくれたりしてもっと頑張ろうと思うことができました。

学校や前通っていた大手の予備校と違い、東京医進学院の講師やスタッフの方々は、とても質問しやすく、分かりやすく教えてくださいました。また、ほとんどの講師やスタッフが生徒それぞれの学習状況を知っているので、自分の成績が筒抜けというのは怖い気もしましたが、誰に相談しても的確なアドバイスをもらえるし良い成績を取るといろんな先生にほめてもらえるので良かったです(笑)。

ズバリ!合格の秘訣は?

最後まで絶対に諦めないこと。どんなに辛くても、最後まで諦めずに頑張ることで、途中で諦めってしまった多くの人を追い越すことができます。

入試の本当に最後の最後まで勉強をやり続けることができる人に合格はやってきます。

東京医進学院を選んだ理由は?

大手ではなく、医学部専門予備校を探していて、見学に来た時、設備や良医を目指すなどのアットホームな環境に惹かれたためです。

毎週ある単科模試は勉強のリズムを作ってくれ、苦手な分野も単科模試があることで避けずに勉強することができました。また、ターム間は遅れてしまった勉強を取り戻したり、苦手な分野を復習したり、過去問を解くのにちょうど良かったです。講習も新しい知識を入れたり前の分野を確認したりするのにとても有効でした。量が多いと感じても全て自分のためになることばかりでした。入試相談会は自分が受ける大学のことをよく知れるチャンスだったし、二次対策や願書に活かせるのでたくさん質問して、パンフレットもたくさんもらって、熟読しました。

合宿はどうでしたか?

合宿にいる間は朝から夜まで勉強を続けるので、今までの抜けていた穴を埋めることができるとても良い機会だったと思います。合宿で終わらなかった分の復習も、合宿から帰ってからやることで確実に知識や考察の力があがりました。

また、朝・昼・晩のごはんの時は友達とたくさん話せるので気持ちに余裕が持てました。帰る時には達成感でいっぱいになりました。

合格祝賀会で、共に合格した恩村さんと

一緒に学んだ生徒たちはどうでしたか?

多くの生徒がみんなで合格するという意識を持っていて、質問するとみんな一緒に考えてくれました。勉強の進め方で分からなくなった時なども一緒に計画を立ててくれたり、化学や生物、英単語などの知識の確認も一緒にやったりしてすごくためになりました。みんな目標は同じなので協力して勉強できて凄く良かったと思います。

どんな大学生活を送りたいですか?

積極的に色々なことを吸収して、楽しみながらも良き医療人を目指して頑張りたいです。将来は、常に医学の発展に興味を持ち続け、患者さんに寄り添って自分ができることを全てつくせる医療人になりたいです。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • とにかくアットホームな所。先生や生徒にも質問しやすい環境で、相談や分からないこともすぐ人に聞くことができるのが凄く良かったです。
  • 少人数制。人数も少ないので先生が生徒一人一人をよく見ていて声をかけてくださり、志望校の話などもとてもしやすかったです。