合格実績

木村由美さん

目標があるなら、
大変かもしれないけど辛くはない。

一年間の中で大変だったことは?

単科模試で思うように点数が取れなかった時はだいぶ落ち込みました。浪人2年目に入った時は、自分の勉強に対する意識がただ淡々とこなす作業になっていると気付くことが多くて、身につける勉強に戻すことが何度かありました。医学部を目指しているのに、何でベクトルなどの医学に関係のない勉強をしなければならないのだろうかと無駄に悩むこともありました。でも、きっとそこで論理的に考えるとか、自然と学んでいたのかも。合格した時は、やっと医大生になれたとホッとしました(笑)。

ズバリ!合格の秘訣は?

人に頼ることです。辛くなったらすぐ先生、スタッフの方、家族、そして友人に相談していました。自分一人では合格できなかったと思います。東医進で一緒に学んだ友人たちは、ライバルでありながらも、自分と同じ状況にあってリアルタイムで自分の気持ちを理解してくれる人たちでした。

一年間の中で大変だったことは?

単科模試で思うように点数が取れなかった時はだいぶ落ち込みました。浪人2年目に入った時は、自分の勉強に対する意識がただ淡々とこなす作業になっていると気付くことが多くて、身につける勉強に戻すことが何度かありました。医学部を目指しているのに、何でベクトルなどの医学に関係のない勉強をしなければならないのだろうかと無駄に悩むこともありました。でも、きっとそこで論理的に考えるとか、自然と学んでいたのかも。合格した時は、やっと医大生になれたとホッとしました(笑)。

東京医進学院を選んだ理由は?

紹介で知って、初めて東京医進学院に電話した時、スタッフの村木さんが出でくれて、すごく優しく接して下さり、訪問した時には学院長の菅先生に、今までやってきた部活など身の回りのことを質問されました。自分のことをとにかく理解してくれようという感じがして、他の予備校とは違うなと思ったからです。

東京医進学院のシステムをどう使いこなしましたか?

単科模試は毎週点数や順位にこだわっていました。東医進模試を1つの大きな区切りにして、単科模試を1週間という短いスパンで考えて勉強に区切りをつけていました。一週間の授業で習った範囲の模試なので、何をしたらいいのかわからないという状況がなく、勉強しやすかったです。
また、合宿も私は出て良かったと思います。自分一人では合宿でやるだけの量をできないし、先生が23時を過ぎても熱心に教えてくれるので、かなり合宿で成長できました。

講師やスタッフは皆さん、悩みや勉強に関係ないことまで、話したら全部受け止めてくれました。先生や事務の方たちが、浪人生活は淡々と勉強するだけの日々ではなくて、この浪人した2年間をずっと大事にしていきたいなと思える2年間にしてくれました。

どんな医療人になりたいですか?

大学では、これまで以上に勉強を頑張って、でも最後の学生生活を楽しみたいです。そして、先生に診てほしいと思ってもらえる医師になりたいです。

これから大学を目指して頑張っいく方へメッセージを

合格すると、色々な人から“2浪もして辛かったね”と言われます。私はそう聞かれた時、何となくモヤっとしていました。目標があるなら、大変かもしれないけど辛くはないんだと思います。これから東京医進学院で医療人を目指すすべての人を応援しています。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 生徒一人ひとりと先生が近いこと。
  • ここを離れて困ったら、会いに来ようと思わせてくれるアットホームな所。