合格実績
苦手の英語を伸ばして、医学部合格

小田部 拓実さん

帝京大学医学部

苦手だった英語も1年間で偏差値30以上あがりました!
先生への質問のしやすさが合格の秘訣です。

一年間の中で一番大変だったことは?

得意科目の成績を落とさないことです。苦手科目と同じくらい勉強しました。合格した時は、嬉しいというよりも、浪人終わった!という気持ちでした(笑)。

ズバリ!合格の秘訣は?

先生への質問のしやすさと個別指導です。声に出して質問することで、わからないところがスムーズに理解できました。
自分は、1年を通して英語を中心にやっていました。苦手科目かつ、受験における最重要科目だったので、個別指導も受けました。そのおかげで偏差値は30以上あがり、合格できました。東医進での英語の個別なしには合格はなかったと思います。これから受験する方へ伝えたいことは、とにかく英語をやること!英単語をしっかりおぼえることでどうにかなる科目です。英語は単語です。それを東医進で勉強する間に気づかされました。他の科目はひたすらにテキストだけをやっていました。

獅子目校長とガッチリ握手

東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

友人が東医進に行くというので、自分も一緒に東京医進学院に入ったんですけど(笑)、講師もスタッフも皆さん、ものすごく話しやすく、相談しやすかったです。一緒に学んだ生徒達も個性が豊かでおもしろかったですし、食事やスポーツなどをして良いリフレッシュになりました。一方で、毎週、単科模試があるので、緊張感も持って勉強し続けられました。

模擬試験や合宿はどうでしたか?

ひたすらに模試で点をとることを目指していました。そうすることで自然と授業の内容が身についたと思います。最初の東医進模試で校内1位を取った時は、最高に気持ち良かったです(笑)。
合宿では、特に冬の合宿での7日間連続テストのおかげで、テストに慣れることができました。受験で、自分の実力が出しやすくなったと思います。

どんな医療人になりたいですか?

医師の少ない地域で活躍する医師にあこがれて医学部を目指したということもあり、大学では文武両道を目指した上で、将来は1人でいろいろなことができる医師になりたいです。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 単科模試があるので、緊張感を持って勉強し続けられる。
  • 質問もしやすく、苦手科目は個別指導などで克服することができて、成績をすぐに伸ばすことができる。