合格実績
勉強だけに集中できる全寮制で医学部合格

藤原 章登さん

川崎医科大学医学部

寮の生徒達は、本当に常にはげまし合ったり支え合ったりして、
なくてはならない存在でした!本当に!!

合格したときの率直な気持ちは?

言葉に表せないほどうれしかったです。初めてうれし泣きした気がします。

一年間の中で一番大変だったことは?

やはり模試の成績がなかなかうまくいかない時はとても落ち込んだり、特に実際に入試に突入して、同じレベルの人が一次を出している中で自分が出ていなかったりした時は、精神的にかなりキツかったです。でも、ここまで頑張ってきたんだからと自分を奮い立たせて、あとは同じ寮の仲間達とも励まし合って、最後までやりきることができました。

ズバリ!合格の秘訣は?

成績が悪くても良くても常に勉強を継続して行うこと。それに、支え合う仲間がいたこと。一緒に学んだ寮の生徒達は、本当に常にはげまし合ったり支え合ったりして、なくてはならない存在でした!本当に!!

医学部を目指した理由や時期は?

高校一年生の時に、医学部を目指そうと決意しました。親が医師ということもあり、実家をつぐことで地元の医療を支えていきたいと思ったからです。
進学したら、勉強を第一に、部活などにも入って充実した生活を送りたいです。将来は、全てを任せてもいいと患者さんに思ってもらえるような医師になりたいと思います。

英語の救世主林先生と喜び合う

東京医進学院を選んだ理由は?

全寮制で勉強だけに集中できると思ったから東医進を選びました。 単科模試とか合宿とか、受かるために必要な仕組みみたいなものがきちんと考えられていて、ここで勉強していけば合格できるというイメージも湧きました。
合格できる仕組みがあって、更に勉強に専念できる環境があるのが決め手でした。
実際に、毎週土曜日にある単科模試は常に上位をキープすることを目標にしていました。また、合格合宿はテストづけの毎日でしたが、非常に精神的に鍛えられたと思います。
講師やスタッフもいつも親身になって対応して下さり、補充プリントなどももらうことができて、良い意味でとても使わせていただきました(笑)。

受験生へのアドバイス

どんな時も勉強し続けること!仲間を見つけること!

東京医進学院のオススメポイントは?

  • まずは生活の心配が無いこと
  • 勉強だけに集中できること
  • 支え合う仲間ができること
  • 合宿が最高!(笑)