合格実績
充実した寮生活で医学部合格

A.Sさん

岩手医科大学医学部

週末の単科模試は自分の欠点をあぶり出すには効果的、
復習に重点をおいて勉強しました。

合格したときの率直な気持ちは?

自分が医大生になるなんて信じられなかったです。
中学2年生のときに経験した震災がきっかけで医師を目指すようになりましたが、一年間受験勉強をしていると、模試で思うように良い成績がとれなかったこともあり、辛い気持ちになったこともあります。でも、あきらめずに最後まで粘り強くやることで、やっとここまで来た、と今では自分を誉めてあげたいです(笑)。

どんな大学生活を送りたいですか?

楽しい学生生活のみではなく医師としての基礎をしっかり学べるよう心がけたいと思います。そして、医師不足に悩む地域に貢献できる医師になりたいです。

合格への取り組みは?

志望校がマークシート式だったので、1週間前からストップウォッチを用いて1ページ何秒と決め、今まで習ったテキスト全てを広く浅く復習しました。5日間で1回、1日半で2回、最後の半日でもう1回すべてのテキストに目を通して試験に臨みました。

東京医進学院のシステムをどう使いこなしましたか?

私は、受験の時に配られていたチラシを見て、寮のある予備校は、東京での初めての一人暮らしには良い環境だと思って東医進を選びました。
週末のテストはその週で習った範囲がベースになっていることもあり、自分の欠点をあぶり出すには効果的で復習に重点をおいて勉強しました。合宿も、集中して知識をつめこめるので、とても充実していました。
丁寧な対応をしてくださる講師やスタッフばかりなので、毎日気兼ねなく過ごすことができました。

一緒に学んだ生徒達はどうでしたか?

気の合う仲間と切磋琢磨し楽しく充実した一年間を送ることができました。メリハリをつけるために、休日に友人達と吉祥寺へ買い物や食事へ行ったことも楽しい思い出です。 とにかく楽しく気の合う仲間に出会え、本当に楽しかったです。

受験生へのアドバイス

最後の最後まであきらめず頑張ることだと思います。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 女子寮が校舎に隣接しているので通学時間の心配がなく、友人が作りやすく、とても楽しい。