合格実績
初学の数学Ⅲと化学を見事克服して医学部合格

芝野 諒さん

帝京大学医学部

同じ目標がある仲間達がいたことでめげずにできました。
一生付き合える仲間たちです!!

合格したときの率直な気持ちは?

あ、受かってる・・・でした(笑)。
この一年、大変なことはたくさんありましたが、1月、2月の受験期が自分にとっては、やはり一番大変でした。受験が近くなるとなぜか逆にやる気がなくなってきて・・・朝早く起きて、電車に乗るのも苦痛でした(笑)。でも、あとには退けないと自分を奮い立たせたのを覚えています。

医師を志望した理由は?

自分が決意したのは高2のときです。両親は医師ではありませんが、医療関係に従事しており、自分の地域の医療過疎について話してくれて、そこから地域医療に従事したいなと思うようになりました。
大学では、勉学を中心にサークルにも入り、友達の輪を増やしたいと思っています。 大学生のうちにできることは全てやりたいです(笑)。その後は、患者によって差別せず、どんな人でも平等に心に寄り添って医療行為ができる医師を目指します!

二次対策の中森先生と

ズバリ!合格の秘訣は?

今年一年しかないと心に刻み、自分をあせらせたことです(笑)。 あと、自分一人では受験を乗り越えることは難しいですが、同じ目標がある仲間達がいたことでめげずにできたと思います。最後に、よく食べて、よく寝ることです(笑)。

東京医進学院を選んだ理由は?

予備校の中に寮があり、昼食を出してくれるからです(笑)。講師やスタッフの方達もみなさん生徒に親身に寄り添って指導してくれました。
単科模試でその週に習った内容を復習でき、後回しにしないようにすることができたのは大きかったです。
同じ寮の仲間達も、最初のイメージとは良い意味で全然違いました(笑)。みんな勉強ばっかりで話してくれないだろうなと思っていましたがいい感じで予想を裏切られ、一生付き合える仲間を得ることができました。仲間と一緒に勉強できたことは、本当に良い思い出です。

受験生へのアドバイス

絶対一年で決めるという覚悟を本気で持ってください。そうすると、勉強にも自ずと力が入ります。あと勉強を楽しむのがいいらしいです。自分はそうではなかったですが(笑)。
真面目に言うと、自分は数学Ⅲと化学が初学だったため、数学Ⅲと化学の勉強をとにかくやりました。分からないところがあったらすぐに、先生や友達に聞きに行き、分からないところを次の日に持ち越さないようにしていました。あと、英語がやはり受験の合否の決め手になると聞いていたので、夏までに英単語と英文解釈をたたきこむことによって、長文がぐんと読めるようになりました。
最後に、ホントに英語をやっていれば、後悔はしないと思います!

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 寮が予備校の中にあり、すぐ教室や自習室に行くことができる。
  • 友達との距離が近くなり、切磋琢磨し合える。
  • 合宿では、他の校舎の人とも一緒になり、いい刺激になった。