合格実績
講師やスタッフに励まされ、念願の第一志望合格

伊藤 陽太さん

東京医科大学医学部

徹底的に基礎を固め、疎かにせず、点数がよくても傲慢にならず、
友達と互いに教え学び合うことが合格の秘訣

合格したときの率直な気持ちは?

「受かって良かった」より「一年間努力してよかった」と安堵すると同時に第一志望に受かった喜びで叫びました。又、一年間努力すると去年の自分とは違う自分になれたと感じられました。

東京医科大学に進学する仲間たちと一緒に

一年間の中で一番大変だったことは?

私はモチベーションを保つことと自信を持つことに苦労しました。
現役の時、数学・生物が苦手で、浪人してもなお直前まで苦手意識を払拭できず辛かったです。
また、単科模試の点が悪いとすぐクヨクヨしたのでスタッフの方々に励ましてもらいまくった記憶があります(笑)。

ズバリ!合格の秘訣は?

徹底的に基礎を固め、疎かにせず、点数がよくても傲慢にならず、友達と互いに教え学び合うことです。

どんな大学生活を送りたいですか?

まずは学業優先ですが部活も全力でやって文武両道の医学部生になりたいです!

どんな医療人になりたいですか?

親戚の多くが医師ということと小6の時に祖母を亡くしたことがきっかけとなって医師を志望しました。患者さん思いで、一人一人に向き合い続け、その人にとっての最善の選択を提案できる医療人になりたいです。

合格祝賀会で市ヶ谷校を代表してあいさつ

東京医進学院を選んだ理由は?

少人数制で先生方がきめ細かくみてくれると思ったのと、単科模試を通じて皆と競い合いながら一年間ずっと向上できるだろうと思ったからです。
実際に単科模試で、一週間の中でどこが克服できたのかできなかったのかを把握しました。また、順位が上の人の解答や考え方を参考にして次の週の単科模試や東医進模試に備えたりしました。成績上位の方々には特に数学・理科の解法を懇切丁寧に教えてもらい、とてもためになりました。

東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

事務の方々には、へこんでいる時にいつも励まして下さって本当に感謝しています。
先生方も問題の解決法のみならず取り組み方・傾向を凄く綿密に考えて話して下さいました。すごく遅くまで質問につきあってくださった生物の進藤先生には本当に感謝しております。

合格への取り組みは?

Ⅰ期が始まるまでは英語の勉強会や計算演習(正負の試算・指数対数・分数計算)などをして4月からの勉強に備えました。始まってからはとにかく一週間の授業・課題をこなすのに尽力しました。特に生物は理解するために授業でとったノートに図説の内容をもりこんで分かりやすくまとめて繰り返し3回ほど書きまくりました。
また、数学合宿・夏合宿・正月合宿に参加したことで、勉強漬けの感覚や、毎日のテストによる実際の入試のような厳しさを体感でき凄くためになりました。

受験生へのアドバイス

とにかく受験日の前日まで淡々と努力し続けて下さい。一年間勉強漬けは決して楽ではありません。でもそれが報われる最高の快感を味わうために頑張ってください。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 少人数制だから先生との距離が近い⇒たくさん質問できる。
  • 単科模試での皆との競い合い。
  • 合宿の圧倒的演習量。