高卒生コース

模擬試験/単科模試

毎週実施される「単科模試」や、年5 回の「東医進私立医系大総合模試」などで、何度もアウトプットの訓練・答案作成トレーニングを行います。

年5回の「私立医系大総合模試」

通称「東医進模試」と呼ばれる「東京医進学院 私立医系大総合模試」は、年5回行われ、全国の医系大受験生が受験します。相対的な学力分析ができることはもちろんのこと、入試の予想問題に取り組むことで、実戦的な力を養うことが可能です。

「単科模試」で毎週学力をチェック!

合格の鍵をにぎる夏を、万全の体制で過ごすための合格プログラム。夏だからこそ苦手分野を何度も反復したり、志望校を見据えた大学別対策を行ったりと、自分の学習状況に合ったカリキュラムで進めることができます。科目間でバランス良く得点できる力を養います。

単科模試の効果

週模試の形式で実施することで、「授業の内容は理解できていても、いざ試験になると難しく感じてしまう」「試験時間内に終わらないことがある」「計算ミスや勘違いによる失点が多い」といった“ ありがち”な弱点を潰し、本番に万全の体制で臨めるように訓練します。

単科模試後の「解き直しチェック」

単科模試はその日のうちに採点し、生徒自身にもすぐに解き直しを行ってもらいます。その後各教科の講師が内容をチェックし、ミスで失点したのか、理解不足だったのかを一緒に確認しながら、今後の学習の仕方を具体的にアドバイスしていきます。「やりっぱなし」にせず、「得点できるようになるまで」フォローするのが東京医進学院のモットーです。

「カウンセリング」も毎回実施

試験終了後には必ずカウンセリングを実施します。目標をしっかりと設定し、いつ何をやるべきかを明確にする「単元管理表」と、毎週の単科模試成績データを分析した「成績管理表」で、苦手科目・苦手分野をしっかりと把握し、適切な提案を行ったうえで、確実に学力アップを図ります。また、毎週末の「単科模試」終了後、目標達成度、1週間の学習状況を確認し、モチベーション維持についてのアドバイスも行います。

久松 加奈 さんさん
(東京医科大学 医学部 合格)

卒業生の声

東医進模試は医系大特有の問題が意識されていて、また、全国の受験生と比較ができたので、自分の位置を確認することもできました。毎週の単科模試は、「単科模試で点数をとれるように復習しよう!」という毎日のモチベーションにつながり、知らず知らずのうちに点数をとることが当たり前になっていました!