入試情報

Vol2 入学願書の書き方

入試はここから始まっている! 入学願書の正しい書き方を解説

こんにちは!
東京医進学院で医学部の二次試験対策を担当している、中森と申します。
前回から医学部の二次試験対策コラムを書かせて頂いております。
前回ご覧になっていらっしゃらない方はこちらからどうぞ。→小論・面接対策コラムVol.1

さて、今回は、「入学願書の書き方」についてお話しさせて頂きます。

入学願書とは

入学願書の重要性について、前回も軽く触れましたが、医学部の入学試験は「就職試験」と共通する要素がありますので、入学願書はちょうど「履歴書・エントリーシート」にあたるものと言えます。
入学願書の審査で不合格になるということはありませんが、二次試験の面接では、筆記試験の結果と小論文(課される大学は)、および入学願書をベースとして質問がなされていきます。
ですから、入学願書と面接時の話はしっかりとリンクしている必要があります。ここで矛盾が見えてしまうと、「本意ではないのでは?」と受け取られてしまう可能性があります。
つまり、面接で質問されそうな内容については、実は入学願書を提出する時点までにかなりの部分を固めておく必要があるということです。入学願書を提出する前に、志望動機などを綿密に準備し、願書を丁寧に作成するよう心掛けてください。

ちなみに、大学によっては分量を課すところもあります。
相当な分量ですが、入学願書が重いものであるということです。

願書を書くうえでの注意点

ところで、下の項目をご覧いただき、不適切な項目がいくつあるかお分かりでしょうか。

出願書類の準備

正解は「全て不適切」です。
保護者の皆様にとっては当たり前のことでしょうが、受験生のみなさんには公式の文書を作成した経験があまりないと思います。東京医進学院では、願書の下書きから出願時の封筒の記入法にいたるまで、みっちり指導しています。

入学願書は、「医師になるために誠心誠意がんばりますから、どうか入学させて頂けないでしょうか」という気持ちを表明する、最初のアプローチです。
それがいいかげんだと、「医師としての資質はどうだろう?」とマイナスイメージを持たれてしまう危険性がありますよね。
とにかく、最大限の注意を払って、丁寧に作成しましょう。

入学願書を書くうえで、最初にやってほしいことはズバリ

出願書類を書き始める前に 入学要項をすみずみまで読む

です。

大学によって、記入の仕方などに違いもあります。要項に注意書きが書いてありますので、まずはそこをすべて読みましょう。

具体的に気を付けてほしいことの例は、以下の通りです。

出願書類の準備

項目ごとにご説明しますね。

【写真】「○○ヶ月以内に撮った」などの注意もありますし、願書のために新しく撮影するのは当然です。同じ大学で複数の写真が必要な場合、大きさが異なっていても同じ写真を使いましょう。テープなどで止めずに、しっかりと糊付けします。脱落した場合を想定し、裏にはフルネームを書いておくとより安全です。

【年齢】サバを読む人はさすがにいないでしょうが、いつの時点の年齢かが大学によってそれぞれ決められているので注意します。(記入時の年齢か、入試日の年齢か、入学時の年齢か、など)

【学費出資者、学費負担者】願書を書く前に、家族で相談した上で記入してください。

【使うべき筆記具】要項の注意書きをしっかり読みましょう。願書もマークシートになっている(=鉛筆で記入する)大学がありますし、一部か、全部かも大学によって異なります。

【書き損じを防ぐために】願書を書き込む前に多めにコピーをとって、下書きのうちはコピーに記入するようにしましょう。

【大学ごとの記入内容】面接は願書を前提に行われます。大学ごとに、記入する内容も異なることがあるはずです。そこで、どこの大学に何書いたかわからなくならないように、清書したものもコピーしましょう。もちろん、大学名が分かるようにしておかなくてはいけません。

特に大きな注意点を書かせて頂きましたが、複数の大学の願書を書くとなると、ミスもでてきます。しっかりとチェックするように心がけてください。
ほとんどの大学では、出願用の封筒の裏に内容物のチェックリストがありますから、是非活用してください。
最後に一つ。A大学の封筒にB大学の願書を入れてしまう・・・というケースもあるようです。受け取ったA大学の方の気持ちは、どんなものなのでしょうね・・・。
繰り返しますが、願書そのものが合否に直結するわけではありません。とは言え、必ずしも本質的でない過誤にあとで気づいてあれこれ悩むのは避けたいものです。どうか、誠意をもって作成していただきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

次回は、「小論文」について書かせて頂きます。


入学願書の書き方など、ご質問・ご相談のある方は、お気軽に下記まで御連絡下さい。

東京医進学院 三鷹校(医学部専門) 中森

TEL. 0422-52-1855