東京医進学院の合格力

医学部受験ノウハウ・情報力

充実した受験ノウハウによる、一人ひとりの希望と状況に合わせた進路指導

定員増や学費値下げ、また景気動向による安定志向等から、医学部への志願者はここ数年で増加してきました。例えば、2016年度入試では定員9,262人に対し14万人強の志願者がおり、受験そのものがかなり厳しいものとなっているのが実状です。
限られた期間の中で、現状の実力を合格する学力レベルにまで向上させることが受験を成功させるためには欠かせません。そして「入試に関する情報」が一人ひとりに合わせた合格戦略に必要となります。

医学部受験を知り尽くしたプロ講師陣

当学院では、入試問題を精緻に分析し、大学別の出題傾向を熟知したプロ講師が授業を担当します。
例えば、近年の入試の英語では長文読解の比重が高まり、大学によってはほぼすべて長文問題というところもあります。長文問題では読解のスピードと精度が重要なので、「早く正確に読む」ことに力を置いた指導を行っています。今後は「読む・書く」の2技能から、「聞く・話す」を加えた4技能を求める実用英語重視の傾向が強まっていく可能性もあります。面接を英語で行ったり、小論文を英語で書かせたりする大学も増えてくるでしょう。そのため、授業でも“使える英語”を常に意識させるように努めています。
このように、最新の各大学の入試問題を研究した上での授業をおこなっています。

充実した入試情報

例年、当学院主催の「医系大入試相談会」を実施し、入試担当者と直接話していただく機会を設けています。毎回、全国の私立医系大学の大半が集結するという大規模なイベントで、医系大専門予備校単独開催の相談会としては最大級の説明会です。各大学の皆さまが伝統と実績のある当学院を信頼して頂いているからこその開催であると深く感謝しています。
内部生向けの大学説明会の開催や大学への個別訪問等も行っており、大学の入試担当者とも通年で連絡を取り合っているので最新の入試情報をご提供できます。

医学部入試ガイド/推薦入試ナビ

全国の私立大学医学部の入試情報を網羅した「医学部入試ガイド」、推薦入試に特化し必要な情報を掲載した「医学部推薦入試ガイド医系大入試ガイド」を毎年発行しています。入試日程が一目でわかる「医系大入試カレンダー」も合わせて発行しています。
校舎内では、常に最新の入試情報を更新掲示すると共に、推薦入試情報満載の「医学部推薦入試ナビ」(webガイド)や入試の変更点をご紹介するページ等でも情報を公開しています。

きめ細かな進路カウンセリング

これらの情報をもとに、生徒一人ひとりの学力状況や解答傾向を細かく分析した上で、実際にどこの大学を受験すべきか、講師・スタッフが合格戦略を個々立案した上で進路カウンセリングを行っています。
英語の配点が高い大学は? 数学の難易度が高い大学は? といった大学別の傾向と、記述式とマーク式での正答率はどちらが高いか? どの分野が最も得意か? といった生徒一人ひとりの状況をマッチングさせ、実際の一次試験・二次試験の日程も加味した上で、受験校の提案させていただきます。