面接のマナー

面接は想像以上に緊張するものです。
咄嗟に自分の癖が出てしまいがちなので、普段からマナーや正しい敬語を身につけて、自信を持って面接に挑みましょう。

  • 入退室

    下記の内容は、あくまでも一般的な場合についてのものです。大学側から指示があった場合には、それに従うのが最優先です。
    ドアをノックする 「どうぞ」など許可があってから入室しましょう。 挨拶をする
    「失礼します」と挨拶をする。お辞儀は30~45度。あわせて、受験番号と名前を名乗ります。
    *元気でハキハキした挨拶を心がけましょう。入口と席が離れている場合もあるので、挨拶のバリエーションをもっておくと便利です。
    例「おはようございます(こんにちは)」「よろしくお願いいたします」「はじめまして」。
    座席の横まで進む
    「どうぞ」「かけてください」など着席を促されてから、「失礼します」と断って着席します。

  • 質疑応答

    *「面接」ではありますが、それ以前に「対話」なのだということを忘れないでください。
    *緊張すると思いますが、焦らず落ち着いて対応することを心がけましょう。
    *多少失敗してしまっても大丈夫です。気持ちを切り替えて、最後まで誠実に応対することが肝要です。

  • 退室時

    席を立つ 「ありがとうございました」と挨拶をし、一礼をしてドアに向かいます。 挨拶をする ドアの前で再度一礼をし、「失礼します」と挨拶をしてから退室するようにしましょう。