出願について

心構え

医学部を出願するにあたって、まず準備しておくこと・心がけておくことを整理しておきましょう。

出願書類

出願書類には主に以下のような種類があります。※大学によって提出書類は異なります。

出願書類の主な記入項目※大学によって異なります。

願書・志望理由書のポイント

願書や志望理由書は、あなたが公式に初めて大学と接することになるとても重要な書類です。
ここから受験が始まっているといってもいいでしょう。
取り寄せた願書に記入する際には、募集要項をすみずみまでよく読んだ上で、以下のことに注意しましょう。

  • 記入前に

    字をていねいに書く。
    主に黒ペンを使用。(マーク式の場合は鉛筆またはシャープペンシル)
    願書は複数枚コピーして下書き用に準備し、初めから願書の原本に書き込むことのないようにしましょう。

  • 願書

    ふりがな(ひらがなで書く)かフリガナ(カタカナで書く)か。
    年齢はいつの時点のものか。特に注意がなければ、願書を提出する日の年齢にしておきます。
    写真はいつ以降のものか。万が一、はがれてしまったときに備え、貼りつける前に裏に名前(フルネーム)を記入します。
    家族構成は、親兄弟姉妹+実家に同居している血族(死別・離別の場合は記入の必要はないでしょう)。
    長所
    ◎協調性  ◎コミュニケーション能力  ◎粘り強い/集中力がある/努力し続けることができる
    といった、医師に不可欠な資質の中から2つ3つ挙げられるとよいでしょう。
    短所
    ◎長所と表裏一体の内容になると一貫性を示しやすくなります。
    例:協調性がある⇔自分の意見を最後まで主張しきれないこともある
    粘り強い⇔一つのことに熱中しすぎて時間を忘れることがある
    趣味、特技、資格、表彰などの欄は、余白が多くなってもかまいません。小中学校時代の内容は避けた方がいいでしょう。
    学費負担者の記入欄がある場合、予め家族で話し、誰の名前を記入するのか決めておきましょう。

  • 志望理由書

    医師志望理由
    ①医師を将来像として意識したきっかけ     ②医師になると決意した理由
    という流れの中で、社会に貢献する視点を盛り込みます。
    本学志望理由
    数ある私立医系学部の中で、なぜその大学を受けるか
    *入試相談会や大学パンフレット、オープンキャンパス、卒業生の話などから、自分の性格・資質、将来像などと重なる部分をピックアップしておくとよいです。
    将来像(理想の医師像など)
    勤務形態や診療科を述べるのも一つの方法ですが、可能ならばどのような人間性を持った医師を目指すかを書きたいところです。
    肝心なのは、「志望理由」「本学志望理由」「将来像」の3点に一貫性があるかどうかです。

  • 清書終了後、封入前

    できあがった願書は、すべてコピーをとる。
    大学名の文字が小さい・書かれていないなどの場合もあるので、念のため大学名もコピー後に書き込んでおきましょう。
    →面接で願書に記入した内容について質問された場合に備え、整合性のある答えを用意しておくことができます。