講習・合宿・模試

9月23日(水・祝) 医系大入試相談会を開催しました。

9月23日(水・祝)、ホテルグランドヒル市ヶ谷にて「2016年度 医系大入試相談会」を開催しました。当日は晴天にも恵まれ、300名を超える皆様にご参加いただきました。

第一部【特別講演】 12:00〜14:00

特別講演には、”天皇の執刀医”としても有名な順天堂大学医学部 心臓血管外科教授・天野篤先生をお招きし、『未来に夢を ~将来、医療人を目指すみなさんに伝えたいこと~』というタイトルで、先生ご自身の受験時代や現在ご活躍中の医療現場でのご経験を含めて、医師になるために必要なことを中心にお話しいただきました。医療と受験勉強のつながりなど、とても有意義で貴重なお話をしていただきました。

参加した皆さまもしきりにメモを取りながら熱心に聴講する姿が多く見受けられ、終演後、受験生はみな口々に「良かった!」「気付かされました。明日から頑張ります!」と、目を輝かせていました。

『学院長挨拶』

『天野教授・特別講演』

『未来に夢を』

第二部【大学個別相談会】 14:00〜17:00

大学別の個別相談会では、全国から医系大学24大学が揃い、受験生が直接、各大学の担当者と個別に大学のことや入試について相談する機会を持ちました。医系大学に特化した入試相談会ということもあり、受験生は熱心に、そして真剣に大学の担当者と相談に臨みました。
「直接話を聞いてモチベーションが上がった」「自分でも合格できるという自信が湧いてきた」と多くの受験生がこれからの受験勉強に向けての決意を新たにしていました。

当日は、東京医進学院のOB・OGたちも忙しい学生生活のさなかに、スタッフとして積極的に参加してくれました。
東京医進学院は、「自立した医療人を育成する」という教育理念の実現に向け、今後も医系大学を目指す皆さまを応援していきます。
ご来場いただきました皆さま、特別講演でお話しいただいた天野先生、個別相談会にご参加いただいた各大学の担当者の皆さま、スタッフとして応援に駆けつけてくれたOB・OGの皆さま他、関係者の皆さまに深く感謝申し上げます。