講習・合宿・模試

大盛況 9月22日(木・祝) 医系大入試相談会を開催しました。

9月22日(水・祝)、ホテルグランドヒル市ヶ谷にて「2017年度 医系大入試相談会」を開催しました。生憎の天候ではありましたが、約300名の皆さまにご参加いただきました。
雨の中、ご参加いただいた皆さまに深く感謝申し上げます。

第一部【特別講演】12:00~14:00
東北大学病院 卒後研修センター助教 菅野武医師 講演会

特別講演には、米国タイム誌の「世界で最も影響力のある100 人」にも選出された、東北大学病院 卒後研修センター 助教 菅野 武 医師をお招きし、『寄り添う医療とは ~東日本大震災の経験を経て~』というタイトルで、東日本大震災の際の先生ご自身のご経験を中心に、医療人としての心構えや患者さんとの向き合い方などを大変貴重なお話をいただきました。

参加した皆さまからも
「常に現場で立ち続けた人の感想や体験はとても実になった」
「医師という具体的な目標を定めることができた。今日の話をモチベーションに繋げ、入試を頑張りたい」
「目の前の入試だけを目標にするのではなく、その先を見てどのような医者になりたいか、どうのように医療に携わっていくかを考え、目標にしていくことが大切だと分からせていただいた」等々、
感動の言葉や明日への励みになったというご意見をいただきました。

『特別講演:寄り添う医療とは』

『講演会の様子』

『菅野先生』

『講演会後、活発な質疑応答も』

第二部【大学個別相談会】 14:00〜17:30
私立医系27大学が集結

大学別の個別相談会では、全国から医系大学27大学が揃い、受験生が直接、各大学の担当者と個別に大学のことや入試について相談する機会を持ちました。医系大学に特化した入試相談会ということもあり、受験生は熱心に、そして真剣に大学の担当者と相談に臨みました。
こちらも参加した皆さまから
「進路を決定する際の参考になりました」
「個人的に聞きたいお話を詳しく聞くことができたので良かったです」
「他の説明会では参加されていない大学のお話を詳しくうかがえました」
といったご意見をいただきました。
多くの受験生がこれからの受験勉強に向けての決意を新たにしていました。

東京医進学院は、「自立した医療人を育成する」という教育理念の実現に向け、今後も医系大学を目指す皆さまを応援していきます。
ご来場いただきました皆さま、特別講演でお話しいただいた菅野先生、個別相談会にご参加いただいた各大学の担当者の皆さま、忙しい学生生活のさなかにスタッフとして応援に駆けつけてくれたOB・OGの皆さま他、関係者の皆さまに深く感謝申し上げます。