合格実績

柳下 洪亮さん

岩手医科大学 医学部

朝食の大切さを教えてくれた事務の方々にはホントに感謝です!
朝食を食べると成績が上がります!!

合格したときの率直な気持ちは?

二年間諦めずにやってきて良かった!
両親、先生方、そして三鷹校の“事務の皆さん”にホントに感謝したいです!!

一年間の中で大変だったことは?

成績が下がった時、自分は今年もダメなのかもと思いましたが、たくさんの東医進の友人や先生方、事務の方々に励まされ、なんとか最後まで頑張れました!

合格しました!学院長とがっちり握手

ズバリ!合格の秘訣は?

まずは、授業後の復習!これに尽きます。土曜にある単科模試の準備をしているだけで、ものすごい復習になりました。それと、得意科目はとことん伸ばし、苦手科目をある程度まで上げるということ。苦手科目を得意科目にまでする必要はないと思います。他の人と同じくらいに得点できて、得意科目で伸ばして、それで合格点までもっていくという考えでやっていました。

合格への取り組みを教えてください

自分は英語と化学が苦手でした。英語はそんなにすぐ伸びるものではないので、まず化学の無機と有機をテキストや参考書などを使い、自分のノートにまとめ、覚えていました。何度も見ると、本当に自然に覚えてきます!書くともっと良いです。理論は本当に東医進のテキストを何度もやればOKです。問題量も十分です。
英語はまず単語!ターゲットのテストが毎週あるので、それに向けてまずは勉強、テストは一年間にターゲットを2~3周・・・もっとかな(笑)、それくらい何度も繰り返すので、それに加えて毎日少しでも目を通せれば覚えられます!副教材だったNext stageも単科模試の範囲になっているので、自然と何度も目を通すようになり、覚えていきます!長文はできれば一日一本やりきる・・・これが意外と難しいですけど(笑)、先生にプリントをもらって、自分はそれをやりきりました。

東京医進学院を選んだ理由は?

自分は東京に住んでおり、実は通学制の市ヶ谷校にも歩いて行けるんですけど(笑)、自宅では怠けてしまうと思い、寮と教室が一体となっている三鷹校を選びました。
朝食をあまり食べていなかった自分を毎日朝呼びに来てくださり、朝食の大切さを教えてくれた事務の方々にはホントに感謝ですね!朝食をちゃんと食べると成績が上がりますよー!!
毎週行われる単科模試は、一週間に学んだことをすぐ確認することができるだけでなく、自分のまだ理解しきれていないことが分かるし、校内での順位も出るので、仲間同士で競い合うことでモチベーションを保つことができます。そこもいいと思いました。

一緒に学んだ生徒たちや、東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

医学部という同じ目標に向かって頑張っているので、お互いに励まし合ったり、教え合ったりすることもできるとても良い人ばかりでした。
面白い先生が多く、授業も楽しい!!追加のプリントなども欲しいと言えばたくさんくれます。スタッフの皆さんは相談にも気軽に応じてくださったり、落ち込んでいる時に励ましてもらったり、本当に感謝です。朝も何度も起こしてもらいました(笑)!

合宿中、ディカッションに真摯に向き合う柳下さん

東京医進学院の合宿はどうでしたか?

冬の合宿は7日間連続で入試を想定した模試が行われます。精神的にも体力的にも、とても辛かったですが、ここで学力も伸びたし、時間配分など入試で必要なことを練習することもでき、とても良かったです。

二次対策はどうでしたか?

過去に二次試験で質問されたことを中心に練習することができたので、本番でもリラックスして受けることができました。本番でも練習していったことがたくさん聞かれました!

どんな大学生活を送りたいですか?

勉強も部活(サークル)もどちらも頑張り(楽しみ)、充実した学校生活を送りたいです。将来は、患者さんに信頼される医師を目指します。

受験生へのアドバイス

東京医進学院のカリキュラムは本当に医学部を目指すには最高のものです。授業の復習(テキストを解き直す)をしっかりし、毎日コツコツ暗記系(単語、無機、有機etc)をやっていけば絶対受かります。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 寮生活だったので、本当に勉強に集中することができる
  • テキストが素晴らしい(テキストをやっておけば、普通に入試で通用します)
  • 合宿もとてもためになる
東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ