合格実績

五條堀 智紀さん

近畿大学 医学部

最後まであきらめずに勉強すること。自分を知ること。それに先生の言うことを聞くこと。あとは、しっかり休むこと。それが合格の秘訣です!

合格したときの率直な気持ちは?

嬉しいのと同時にホッと安心しました。やっと合格したと考えたら、興奮してその日の夜はなかなか眠れませんでした(笑)。浪人中にお世話になった人、全員に感謝したいです。

一年間の中で大変だったことは?

モチベーションの維持と、生物です。単科模試とか合宿のテストとか、どんなに良い点を取っても満足できず、更に上を目指すことで油断しないようにしていました。その間、先生方や事務の方の励ましも本当に力になりました。

ズバリ!合格の秘訣は?

最後まであきらめずに勉強をやめないこと。わからないことを1つでも多く減らすこと。自分を知ること。それに先生の言うことを聞くこと。あとは、しっかり休むこと。メリハリが大事だと思います!

Ⅱ期終了、食堂での表彰式

合格への取り組みを教えてください

英語はまず単語と文法を仕上げました。東医進でターゲットとNext Stageのテストが毎週あるので、それに合わせて覚えるようにしました。長文は、前半の1期・2期は授業の予習を大切にしていたこともあり、夏以降の3期・4期から毎日必ず長文1題を解き始めました。毎日長文を読むことで、どこで自分が間違えやすいか発見できます。夏の集中合宿で毎日長文を読んだら、それまで模試の順位が真ん中くらいだったのが、いきなり上位10位以内に入れるくらい英語の成績が上がりました。
数学と化学は割と得意な方だったので、テキストでわからない問題をなるべくなくすことを意識していました。
生物はずっと苦手だったけど、石川先生のプリントを主にやってテキストも解き直しを絶対やっていました。それもあって、受験本番では生物が一番できた時がいくつかありました。 一年間、とにかく単科模試で良い点を取って、なるべく良い順位に入ることを意識して勉強していました。単科模試前には、その一週間で習ったことをなるべく全てできるように復習していたことが成績アップにつながったと思います。
結局、諦めずに、できるだけ多く問題を解くことが大切だと思います。

とにかく優しい英語の林先生と

東京医進学院を選んだ理由は?

両親がネットやパンフレットを見て他の予備校と比較検討し、東医進が良いと思って勧めてくれました。寮だから三食しっかり食べられて、通学時間もないし、健康に過ごせて勉強時間も多く確保できるのが良いと自分でも納得できました。

一緒に学んだ生徒たちや、東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

普段は楽しく話すけど、勉強とか単科模試では競い合って切磋琢磨できる仲間でした。私は入寮が少し遅れて入校式に出られなかったのですが、すぐ友達ができたし、みんな優しいし、仲良しだと思います。
講師は皆さん、とにかく優しいし、とにかくわかりやすいです。授業後には、自分ができることが増えている気がすると思うことが多くありました。個性的な先生もいるし、とても楽しかったです。

東京医進学院の合宿はどうでしたか?

三鷹校の生徒だけでなく、市ヶ谷校の生徒や合宿だけ参加している人と一緒で、普段とは違う緊張感が出て身が引き締まりました。テストの順位が貼り出されるので、とにかく上位を目指してモチベーションを上げ続けて勉強していました。夏も冬も集中合宿も、終わった後に学力が伸びているのを、テストの点においても、自分の実感においても感じることができました。

どんな大学生活を送りたいですか?

とにかく色々な経験をして、楽しみたいです。もちろん、勉強も頑張ります。そして、将来は怪我や病気だけでなく、精神面も支えてあげられる医師になります!

受験生へのアドバイス

最後まで諦めずに頑張ってください!

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 単科模試があるから、勉強のリズムが作りやすい
  • 授業が本当にわかりやすい。しっかりと授業受けて復習すれば絶対成績は伸びる
  • チーム戦で単語テスト、計算テストがあったのは良かった。楽しく単語力と計算力をつけられた
東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ