合格実績

小林 祐太郎さん

東京医科大学 医学部

ある回の模試の結果が悪くても、それで落ち込んでいる暇がないくらい模試が多いので(日本一!)、次への切り替え方というのも学べました(笑)。

『サクラサク』一緒に合格した中村くんと

合格したときの率直な気持ちは?

最高でした。・・・涙が出てきました。

合格して、感謝したい人は?

まず両親。それから先生やスタッフ、事務の方たちです!

一年間の中で大変だったことは?

英語の成績が不安定だった時。先生に課題をたくさんもらって、気合いで乗り越えました。スタッフに相談に乗ってもらった時も、楽しく話をしてくれてリラックスできたのが良かったと思います。

ズバリ!合格の秘訣は?

今の自分に満足せず、先生に課題をもらって高みを目指したことです。

合格への取り組みを教えてください

英語は苦手だったので、先生にひたすら課題をもらって問題を解きまくりました。単語は、校舎内でチーム戦があり、同じチームのみんなと毎朝、自主的に勉強していました。少しずつ、安定的に点を取れるようになってきました。チーム戦で競って勝つために、みんなで勉強したことは楽しかったです。

医療人は奥が深い!合宿ディスカッションにて

東京医進学院のシステムをどう使いこなしましたか?

東医進で合格した友達の勧めで、全寮制の三鷹校に入りました。毎週土曜日にある単科模試を1つの区切りとして、その週の学習リズムを作っていました。
夏と正月にある合宿は全てに参加しました。夏の集中合宿は英語と数学しかやらないので、絶対に力がつきます。正月合宿は入試想定問題を7回も受けるので入試慣れできます。特に正月合宿は出るべきです。そのおかけで、本番での感覚もつかめました。
二次試験の対策も、過去にどのような質問をされたか教えてもらえて、とても参考になりました。

一緒に学んだ生徒たちや、東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

朝から自習室に通っている子が多くいたので、私も負けないように朝から自習室に行き、勉強するようにしていました。お互い、そういったところから高め合えるいい仲だったと思います。
先生もスタッフの方も、本当に小さなことにも気を配っていただきました。どんな悩みも親身に聞いてくれ、話しているだけで明るくなれました。悩んだらまず相談ですね。
そうは言っても1年間は長いので、ふと怠けてしまっている時もしっかりと注意してくれました(笑)。

どんな大学生活を送りたいですか?

勉強と部活ともに頑張って、多くの仲間と時間を過ごしたいです。患者さんを笑顔にできる医師になれるように頑張ります。

受験生へのアドバイス

高みを目指して頑張ってください。日々精進です。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • とにかく模試が多い(日本一)。ある回の模試の結果が悪くても、それで落ち込んでいる暇がないくらい模試が多く、次への切り替え方というのも学べました!
  • 先生にいつでも質問できること!!
東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ