合格実績

吉富 海峰さん

酪農学園大学 獣医学群獣医学類

先生に「出るよ~ココ!」って言われたところが、実際に獣医学部の入試でも出ました。東医進の先生に言われた通りにやれば受かります。

合格したときの率直な気持ちは?

なかなか結果が出ず、もう一年やるのかと思っていたところに合格の知らせが来たので、最初は信じられなかったです。

合格して、感謝したい人は?

英語の村田先生を初めとする東京医進の先生方とスタッフの方々です。

ズバリ!合格の秘訣は?

言われた通りにやること。

合格への取り組みを教えてください

私は高卒認定だったので、最初は白紙の状態で、基礎学力試験も30~40点でした。まずは基礎固めをするのに苦労しました。
英語は村田先生から「分からない単語は紙の辞書で調べろ、例文も見なさい」と言われたので、その通りにやりました。それまでは、全部先生に聞いて解決しようとしていたので、初めはそのやり方に文句も言っていましたが(笑)、段々その理由が分かってきたので、それを続けました。わからないからと言って、何も自分で考えずに全部先生に聞いて終わりにするのではなく、自分で調べて自分のものにしていくことが大切だと思います。ただ、単語は少しサボっていたところがあったので、後半はそのツケに大分苦しみました。村田先生と英語の内容で、理解できるまで言い合いしたこともいい思い出です。もう終わってしまったのが寂しいくらいです(笑)。
生物は力がついてきたと自分でも実感したのは、東医進の合宿に参加して以降です。過去問も古いものから選んで解きました。初めはズタボロにされても、次は私の勝ちだと強気で解き続けました。解説を見ても、どうしても理解できないところをチェックして先生に聞いていました。
続けることで前にもやったなと、問題と顔見知りになれます。あと、生物は重要なのは図録です。私は2つ使いました。過去問を解いたあとに図録も一緒に見ましょう。見ないのとは全然違います。

東京医進学院を選んだ理由は?

医学部専門予備校だからです。私は獣医志望でしたが、お試しで獣医大学のゼミを受けたとき、先生が良かったから東医進に決めました。家から近いということも理由の一つです。

東京医進学院のシステムをどう使いこなしましたか?

ターム間に実施された英語の勉強会は、医学部の英語内容ではありましたが、私はそれをほとんど受けました。そのおかげで英語の力は伸びたと思います。
単科模試はⅣ期になるとⅠ期よりも難しく量も多くなって、時間内に解き終わらなかった時には、思わずブーブー文句を言っていましたが(笑)、今となっては、入試を時間内に解き切れたのはこの単科模試のおかげだと思います。

一緒に学んだ生徒たちや、東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

元気な人が多くて、楽しかったです。
先生方は、今まで私が受けたことのあるマニュアル的な教え方ではなく、なぜこうなるのかという本質を教えてくれるので、別々だと思っていた話が一本につながったり、もっと話が理解しやくなったり、とてもためになりました。近年の大学の過去問を分析しているので、今、入試では何が流行っているかをみて演習してくれるからとても効率的です。
実際、「出るよ~ココ!」って言われたとところが獣医学部でも出ました。
スタッフの方々は生徒の様子をみる観察力に長けていて、何があれば向こうから話しかけてくれます。困ったことがあればいつでも相談に乗ってくれるので、とても心強かったです。

東京医進学院の合宿はどうでしたか?

本番と同じ難易度で記述式、マーク式どっちもやるので良い練習になりました。特に合宿後は生物の力がついたと実感しました。

どんな大学生活を送りたいですか?

六年先の獣医国家資格の試験に合格するよう勉強しつつ、乗馬もやってたくさん経験を積みたいです。馬医になるのが夢です。

受験生へのアドバイス

私は前期試験ではなかなか結果が出ず、東医進で仲良かった友達も医学部に合格していたので孤独を感じるときもありました。後期は数人しか受からないので、もうチャンスはないからやっても無駄だと感じたこともあります。けれど、多分みんなそう思って油断しています。そう思い直して、私は手を抜かずに後期試験に挑みました。その結果、獣医学部に合格することができました。
医師と獣医師とでは、難易度もテスト内容も違うので一概には言えませんが、最後まで諦めずに頑張ってください。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 医学部受験に精通した先生とスタッフ
  • オリジナルテキスト
  • 追加プリント(お願いするともっと出してくれる)
  • 東医進の先生の言うことを聞けば受かる
東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ