合格実績

松岡 伶海さん

聖マリアンナ医科大学 医学部

勉強の質問や悩みだけでなく、個人的な話も沢山できて、浪人期間は辛いというより楽しい思い出ばかりです。

合格したときの率直な気持ちは?

嬉しいというより、ほっとしました。
1つ合格することで、これから先の試験の手応えになって、合否がある程度判別できるようになり、自信になりました。

一年間の中で大変だったことは?

毎週土曜日にある単科模試が精神的に大変でした。
1週間で学んだことをしっかり理解し、応用問題も解かなくてはならず、さらには順位も細かく掲示されるので辛い時もありました。けれど、友達や先生に分からないことは素直に聞くと、優しく教えてくれたので乗り越えられました

合格して、感謝したい人は?

塾の先生方と友達、家族です。

ズバリ!合格の秘訣は?

とりあえず予備校の決められた時間内だけでも、手を抜かずにしっかり勉強すること。あと何をすればいいのか、どのくらいやれば身に付くのかを模試などの機会で確認し、自分で自分の性格や、状況を理解することが一番大切だと思います。

合格への取り組みを教えてください

苦手な数学は、授業中や自習時間など、まずは自分がその場で理解できるまで質問していました。教科書に考え方を書き込んでおきました。
英語は、授業やテストの長文だけでも量が多いので、自然と読めるようになりました。
化学は、知識についてはただ覚えるようなものが多く、理解しきったつもりでも、テストや応用になると解けないこともあり、なかなか成果が出せませんでしたが、あきらめず、しつこく勉強して、入試までには何とか間に合わせました。
生物は、知識はあることが前提で、その上での考察問題が主なので、まずは知識を細かく確認しました。考察はほぼ答えが書いてあるようなものなので難しいですが、文章をしっかり読んで、問題の状況を簡単に整理するのが効果的だと思います。

東京医進学院を選んだ理由は?

少人数制で、大人数が通う予備校ではないので先生や友達との距離が近く、安心して勉強できる環境だからです。
単科模試は毎週あり、順位も掲示されるので、やる気が上がりました。
本当に東京医進学院に決めて良かったです。

一緒に学んだ生徒たちや、東京医進学院の講師やスタッフはどうでしたか?

特に特進コースの皆とは、ほぼ一年中朝から晩まで一緒に居たので、勉強の質問や悩みだけでなく、個人的な話も沢山できて、浪人期間は辛いというより楽しい思い出ばかりです。とても心強かったです。
先生方は本当に優しく、しつこく何度も同じところを質問しても面倒くさがらず教えてくださり、感謝でいっぱいです。スタッフの方々もいつも笑顔で、話しているととても落ち着きました。

二次対策はどうでしたか?

面接練習もとても役に立ちました。自分のことならいくらでも話せますが、特に医療関係のことについては自分で考えるだけでは分からないこともあったので、客観的な意見も沢山聞けて良かったです。

受験生へのアドバイス

理想的な高い目標を掲げて、それに向けた計画を決めても、途中で計画通りにいかず、やる気をなくすことばかりで、模試でも最後までD判定が多く、その中で少しC判定があるような感じで、周囲の期待に応えられず、がっかりさせてしまいました。でも、一番大切なのは、あとどれくらいやれば合格できるのかを正しく分析し、自分だけでも今の状況を分かっておくことです。最後まで自分のことを信じて頑張りましょう。

どんな大学生活を送りたいですか?

日々の勉強に手を抜かず、試験でもできる限り良い成績をとれるように努力し、好きな部活に入って楽しみたいです。

どんな医療人になりたいですか?

常に謙虚で誠実な気持ちを忘れず、患者さんに徹底して寄り添い、自分の持っている力を最大限、患者さんに尽くせる医療人になりたいです。

東京医進学院のオススメポイントは?

  • 先生と生徒の仲が良く、一人で勉強し続けなくてはならないという不安が全くないところ
  • 全てのテストで順位が出るところ
東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ