現役生コース

推薦・2次試験対策

近年の私立医学部入試において比重の高まっている「指定校推薦」「一般( 公募) 推薦、地域( 特別) 枠推薦、AOなどに対応した推薦入試対策、一般入試の二次試験対策にも力を入れています。

Q1 医学部入試に小論文や面接がある理由

学力も当然求められていますが、医療人として相応しい人物かどうか学力以外の人間性も見られています。
なぜ医師を目指すのか、理想の医師像とは、自分自身の長所や短所は… しっかりと自分の言葉で表現することができるか、人とコミュニケーションできるかどうかといった人間性を試されています。

Q2 大学側がみたいポイント

医師になろうとする意欲が十分か
医師になるために必要な資質があるか
小論文や面接で臨機応変に対応できるようになるためには、これらの質問に対して、しっかりと自分の言葉で答えられるように、自分自身の中にもしっかりした軸が必要です。

ポイント1 徹底的な練習

生徒一人ひとりの状況に合わせて、志望理由・理想の医師像・長所や短所・その大学を目指した理由・時事問題など、徹底的に練習を繰り返し、相手の質問を理解し、自分の言葉で表現できるコミュニケーション能力を高めます。

ポイント2 小論文・願書作成フォロー

出願する時から、もう入試は始まっています。出願の時期には、受験校選定アドバイスはもちろん、願書もチェックし、志望動機や自己PR分の作成を徹底フォローしています。また、小論文の書き方の指導を通じ、様々なテーマに触れて入試本番に備えます。

ポイント3 受験生全員に徹底指導

東京医進学院の生徒の皆さん全員に対して、それぞれ必要な時期に対策を行います。通学の週回数の違いによる区別はしていません。