高卒生コース

授業の流れ

全寮制で培った朝から夜までのスタイルで集中して勉強ができる環境を通学制で実現しました。1 日のタイムスケジュールをご紹介します。

10:00~12:50、13:40~16:30

80分クラス授業を午前中に2コマ、午後に2コマ行います。学力別に細かくクラス分けをし、習熟度別に授業を行います。一人ひとりがきめ細かい指導を受けられる少人数制です。

16:40~18:00

「復習授業」では既習内容で特に重要な問題について、講師と一緒に「できるようになるまで」演習を行います。分からないまま授業が先に進んでしまう不安もありません。

18:00~21:00

授業の復習と演習問題に取り組む時間(または個別指導を受講することも可能です※別料金)。分からなかった部分も徹底的に質問できます。

保護者様の声

樋口 麻美さん お母様
(日本獣医生命科学大学 獣医学部 合格)

現在娘は念願叶い、第一志望の日本獣医生命科学大学に通っています。長い道のりでしたが諦めず一歩ずつ地道に努力した結果だと思います。高校時代は美術系志望で、美大の油絵学科を卒業しました。ところが雇用難の時代、国家資格を目指そうとゼロから理数系の勉強に再チャレンジを決意した様子です。

東医進の通学生となったものの、入塾テストの点数は一ケタと全く先が見えないスタートでした。最初は、授業の内容が高度で初めて聞くことばかり、相当厳しい現実が見てとれました。しかし本人は燃えていました。内容の濃い授業と講師の熱意、質問に行けば理解できるまで懇切丁寧に説明を受け、落ち込んでいるときは声をかけ励ましてもらっていました。もともと医系志望の方とは違い、デッサンをしていた娘がみるみる勉強モードに変化していきました。生徒一人ひとりの性格に対応した指導方法と、生徒とのアットホームな関わり方、そして講師陣も素晴らしい経歴の持ち主と、娘が諦めず初心を貫けたのは東医進の講師の皆様の暖かい指導の賜物と感謝しております。

(お兄様の樋口正憲さんは東京医進学院から東京医科大学に合格され、現在医学の道に邁進されておられます。)

櫻井 夏子さん お母様
(東京女子医科大学 医学部 合格)

臨床心理士を目指していた娘が、どうせなら治療もできたらと文系から理系に転向したのが、高3の春。その年の受験は、ほとんどあきらめていたので先に浪人経験のあるお子さんやご両親から予備校選びのアドバイスを頂きました。

スランプが必ず来るので、どんな時でも必ず足が向かい時間も無駄にしない距離のところ。弱い教科を丁寧に指導してくれ、必ず質問ができる講師が授業後一人はいること。

まさに東京医進学院が、理想そのものでした。入学後の一年間、成績だけでなく細かい精神面でのフォローも的確で安心してお任せできました。偏差値30台の科目があった娘が一年で合格できたのは、常にやる気にさせるカリキュラムと先生のご指導のおかげと感謝しています。