入試情報

~二編~「医学部推薦の正しい狙い方」

医学部の現役合格を目指す方に是非知っていただきたい「推薦入試」のお話しです。

メディ・コーチ獅子目の医学部現役合格のすゝめ

こんにちは!東医進個別館の校長、獅子目晃一と申します。

本日は、医学部の現役合格を狙ううえで絶対にはずせない「推薦入試」のお話しです。
医学部の推薦入試は、高卒1年目まで受験を認めている大学もありますが、高3生限定の大学も多く、「現役生を確保する」という色が濃い入試です。当学院としても高3生には積極的に推薦入試を受験するよう勧めています。2018年度入試については、当学院の在籍高3生のうち、約半数にあたる5名が推薦入試で医学部に合格しております。合格大学は下記の通りです。

川崎医科大学は高卒4年目まで、福岡大学は高卒2年目まで出願可(2018.5.8現在)

埼玉医科大学 公募推薦2名
北里大学 指定校推薦1名
東京女子医科大学 公募推薦1名
聖マリアンナ医科大学 指定校推薦1名

医学部の現役合格を実現するためには、推薦入試をうまく利用するのは常套手段といえるでしょう。
ちなみに、例年受験者数の多い私立医学部は、岩手医科大、獨協医科大、帝京大、東京医科大、近畿大などもあげられますが、近畿大学医学部は唯一「併願」、つまり他の推薦入試や一般入試も自由に受けられる制度をとっているため、高卒1年目の方も多く受験しています。

さて、ここからが本題なのですが、推薦入試をお考えの方にお伝えしたいことがあります。それは、「一般入試も見据えた計画を立ててほしい!」ということです。

毎年、2~3月の予備校検討時期になると、何十組もの高卒1年目になる方々とお話しさせていただくのですが、高3時に失敗した要因として多くの方がおっしゃるのが、
「高3の冬まで推薦のために頑張っていたのですが、落ちてしまって、一般入試に間に合わなかった」
というお話です。とても良く分かります。
まずは評定平均値を上げるための学校の定期試験対策があり、高3の秋になって願書を書くための志望動機を固めなくてはならず、さらに各大学独自の学科試験(適性検査)の準備や、面接・小論文の対策など、とにかくやることが多いため、多くの方が「まずは推薦に集中!」という秋~冬を過ごされるようです。しかし、入学定員が少ないことや、「学科試験がとれても受からない」または「学科はいまいちだったけれど、それ以外のポイントで合格した」など、一般入試に比べると不確定要素が多いのも事実。そのため、一般入試にうまくつながるような計画を立てて学習していくことをお勧めします。具体的には、下記のようなスケジュールで考えられると良いかと思います。

6月 7月 8月 9月 10月
大学選定 大学選定      
志望動機作成 志望動機作成      
  小論文対策 小論文対策 小論文対策  
    学科試験対策 学科試験対策 学科試験対策
      面接練習 面接練習
        願書作成

分かりやすく言えば、夏前から志望動機を考え始め、夏が終わるまでに学科試験・小論文対策を集中的に行い、秋からは学科試験対策を引き続き行いながら、面接練習を重ね、願書作成に向かうイメージです。学科試験対策もこのくらいのスパンを見ておけば、一般入試対策の流れの中で行うことが可能です。東京医科大の基礎学力検査のように理科が3科目必要な場合がありますが、あくまで基本的な問題ですので、週末にプラスアルファの時間を設けて基本の確認をしていけば十分対策可能です。一般入試も推薦入試の学科試験もベースとなる学力をつける必要があるのは同じことですので、夏に集中的に頻出分野をトレーニングすることが合格には欠かせません。また、小論文は推薦入試で大きなウェイトを占めており、一般入試にも活かせるため、軽んずることなく早期から準備を始めることが重要です。

いかがでしょうか。推薦入試前に他の勉強を疎かにして集中的に対策をするということはリスクが高いですから、長期的な計画を立てていただけると良いと思います!

というわけで、今回はここまで。
また後日、小論文や面接対策の具体的なお話をさせて頂きたいと思います。

次回三編は、「医学部合格のための英語学習法」と題してお話しさせて頂ければと思います。

東京医進学院では6月から「推薦入試対策セミナー」と「推薦入試対策講座」を実施します。志望動機作成・小論文対策・面接トレーニングなど充実した内容になっております。詳細は後日当学院ホームページにて公開予定です。

当学院では、推薦入試の情報を集約した「医学部推薦入試ナビ」を公開しています。是非ご覧ください!
医学部推薦入試ナビ

東医進個別館 TEL:03-3268-1017

東京医進学院の合格力
中学生・高校生コース
高卒生コース
校舎紹介・アクセス
入学案内
講習・合宿・模試
合格実績
入試情報
東京医進学院について
お知らせ
資料請求・お問合せ